冷凍食品の世界へようこそ

冷凍タケノコ

冷凍タケノコ

冷凍タケノコには、タンパク質、アミノ酸、脂肪、糖、カルシウム、リン、鉄、カロチン、ビタミン B1、B2、および C が豊富に含まれています。セルロース0.9g、脂質0.13g、カルシウム22mg、リン56mg、鉄0.1mg、コタニン

冷凍生たけのこの1kgあたりの価格

グレード A IQF 冷凍タケノコ ストリップ

 仕様

竹のストリップ:4x4x30-50mm; 6x6x30-60mm。

 ナチュラルカラー 

 清く、優しく

 梱包 

 500gx20,1kgx10,10kgs x 1 またはトート

 認定 

 ISO、HACCP、KOSHER、BRCなど

 その他 

 品質保証

 シーズン

 3 月から 5 月。 8月~9月下旬

 供給能力 

 800トン

ブランド

 シャープドラゴンまたは購入者のブランド

 に正常にエクスポートされました

 EU、アメリカ、ロシア、中東など 

冷凍生たけのこ

冷凍食品業者

冷凍食品業者

冷凍食品業者

会社概要

Xiamen Sharp Dragon Co., Ltd. は 1997 年 10 月に設立されました。23 年間の設計と開発の経験があり、750 人以上の従業員、9 つの生産工場、100 万トンの冷蔵倉庫があります。

主な製品は、果物、野菜、きのこ、農作物です。 3つのブランドから100種類以上の商品があります。 製品は中国のさまざまな省に販売されており、米国、英国、カナダ、ドイツ、オランダ、日本、韓国、台湾などを含む20の国と地域に輸出されています。販売量は国内で第1位です。

当社は生鮮筍の冷凍販売を行っており、豊富な経験と専門知識により、高品質の食品と優れたビジネスサービスを提供することで定評があります。 当社の製品に興味がある場合は、できるだけ早くご連絡ください。

冷凍食品業者

よくある質問

1. Q. 本当に工場ですか?
A: はい、私達は私達の工場を直接訪問することを歓迎します。

2. Q. MOQ は何ですか。
A: 当社の MOQ は 19 トン、1x20fcl で、1 つのコンテナに 2 個を混合した試用注文も受け付けています。

3. Q: 支払条件は何ですか?
A: 事前に 30% T/T、出荷前に 70%、または BL または L/C の場合はオンサイトで。

4. Q: 納期を教えてください。
A: はい、入金確認後、発送まで通常7~15日かかります。

5. Q: カスタムデザインを作成できますか?
A: はい、サイズ、色、およびミシン目は、お客様の要件に応じて作成できます。

生タケノコの冷凍保存

冷凍生たけのこは、冷蔵・冷凍どちらでも冷蔵庫で保存できます。
すぐに食べられない場合は、たけのこを買ってきて切った面に塩をふり、冷蔵庫で保存してください。 タケノコの栄養価を保ち、おいしくするためには、上手に保存する必要があります。 冬のタケノコの貯蔵は、主に水分の損失を防ぐためです。 水を抜いたタケノコは密閉容器に入れて冷蔵庫で保存できます。 または、大きなジップロックバッグを使用し、バッグをしっかりと結ぶことを忘れないでください.

生たけのこの保存方法

1.封印方法
きれいな冬のたけのこを瓶や瓶に入れ、2層のプラスチックフィルムで覆い、空気が入らないようにしっかりと結びます。 場所。 この方法で冬のたけのこを保存すると、20〜30日間保存できます。

2.塩漬け法 冬筍を
丸ごと漬物槽(または池)に入れ、強めの塩水に漬け込み、約2ヶ月保存できます。 タケノコの品質、タケノコの色は変わりません。 食べるときは、水に浸して脱塩する必要があります。

3.サンドチベット法
木製のバケツまたは段ボール箱を用意し、底に7〜10cmの厚さの湿った川砂を敷き、そのままの冬のタケノコを木製のバケツまたは段ボール箱に先端を上にして並べ、隙間を川砂で埋めます。その後、7~10cmの川砂を敷き、冬筍の上部を完全に覆い、風通しのよい涼しい場所に移すと、30~50日保存しても劣化しません。

4. 蒸らし方
選んだ冬筍は殻をむいて水洗いし、大きな冬筍は半分に切って蒸し台か水を張った鍋に入れ、5 熟するまで茹でて取り出し、換気のために竹かごに入れて、10〜15日間新鮮に保つことができます. 傷んだ冬筍や短期間で食べてしまう冬筍に適した方法です。

5. ストーブ調理保存法
掘り返した冬筍を殻ごと火に入れ、火が通るまで煮ます(筍は手でつまむと柔らかく固まりません)。 煮立ったら取り出し、湿気の少ない冷暗所に置き、縦に並べる。 食べるときは、殻をむいて薄切りにし、水で洗ってアクをとります。 この方法で冬のタケノコを保存すると、35〜45日間保存できます。

製品カテゴリ

お問い合わせ

ニュース

お問い合わせ